本当は怖い海外FXの税金

海外FX
Spread the love

FXレバレッジ規制の対応策の一つとして(推奨しているわけではない)海外FXを利用するというのを挙げました。

酸いも甘いも海外FX レバ888倍!

もろもろのリスクと手間がありますので大きな資金を投入するのはおすすめしませんが、小さなお金を入れて遊ぶ分には楽しいです。雇用統計の夜に仲間と飲んでて、10000円を入金してレバ800倍ロング/ショートのコインフリップ(50%よりかは低いですが…)なんかすると盛り上がります。勝てば酒をふるまう、みたいな。

さて、海外FXは国内FXとは税金が異なるので注意です。

国内FXは分離課税で20%の課税済みますが、海外FXは雑所得として総合課税されます。
所得が多いほど税率は上がっていく累進課税ですので、何千万円と大きく稼ぐと所得税住民税あわせて55%も税金で取られます。
「えーっ!」と思う人も多いと思いますが、ちょっと前の2011年までは国内FXも雑所得として総合課税されていました。なのでそれ以前からFX参入している人にはそのころと同じ処理になるだけですね(にっこり

一番厄介なのは、税率の高さもさることながら、他の金融取引と損益通算が出来ないこと、そして損失の繰り越しが出来ない事でしょう。なので賢い人はそろそろ両建てして利益を来年に飛ばす作業をするのです。税率が高ければ高いほど、両建て利益飛ばしの効果は高くなります。

なお、海外FXだと課税逃れが出来るのでは、と好奇心で思う事があるかもしれませんが(海外銀行口座を使ったり、電子財布を使ったり、ビットコインを使ったり、デビットカードを使ったり)まず上手くいきませんので利益が出たら、ハイレバの恩恵と思ってしっかり納税しましょう。

ただ雑所得ですからある程度の経費(PCや通信料、情報誌、セミナーなど取引に係る合理性あるもの)は認められると思いますので節税はオッケーです。

インターバンク
仲値とFXのスワップポイント再考
Spread the love

Spread the love日経平均株価がバブル崩壊以後の最高値を更新と凄いですね。併せてUSD/ …

ネタ
リーマンショックから10年~そして伝説へ
Spread the love

Spread the loveリーマンショックから10年…て言いたいだけちゃうんかい的なやつですが。 …

本・映画
金融小説でトルコを知る おすすめの1冊
Spread the love

Spread the love5月以来の更新になりますがもう何も反省しません。リゾートでのびりしたり …