わいの銀行員日記④ 入社1年目で億単位の金を動かす仕事

銀行員日記
Spread the love

新社会人になると急に地獄のミサワ化するケースって結構ありますよね。

はたから見るとスーツも着慣れていないし、若いし、つるむし、マウント取るために往々にして嘘、大げさ、紛らわしい、盛ってる、知ったかぶりが入っております。自社の事をウチと言ったり、アシスタントのアシスタント的な役割なのに「ああ、あの案件ね」的な目線だったり…。以前は冷ややかというか、煩いなあと思っていたのですが、もはや微笑ましくてもっと武勇伝を聞かせて欲しいなと思うようになりました()。

さて、わいにもそんな新入社員武勇伝がありまして。

研修を終え、支店に配属されるわけですが、当然最初は役に立つどころか他の人の邪魔になるだけです。営業時間は9:00-15:00で短い、カウンターの中で暇そうなオジサンがいて楽そうに見えると思うのですが、別に来客の対応だけではなく、支店の口座全体の管理をしているわけでして意外とワタワタしています。特に月末は法人の決済が集中するのでちょっとした修羅場になります。

そんな中、新人が任せてもらえるのは単純作業。例えばATM。ずらっと並んだATMですが、裏手に誰かがスタンバっています…。ジャム(詰まり)ったりエラーが出たり、割れたカードを入れるお客さんがいたり。また、ATMに入っているお金って2000~3000万円程度なんですよ(機種によると思いますが)。なので現金が切れて補充することもよくあります。その役割もだいたい新人です。特にATMが何十台もある大型店では朝から晩までATM裏でエラー対応と現金補充の毎日…。真夏は本当に地獄だと大型店配属の同期が言ってました。

ATMと並んでよくやるのが現金輸送。支店にはそれほど多くの現金は置いてなく、都度、どこから現金を輸送してもらいます。輸送は当然高水準の警備がついてやるのですが、それを支店内に運び込むのはなぜか銀行員がやるらしく。よく台車で現金(1回あたりだいたい2-3億円)をごろごろと金庫に運んでました。

わいはこの業務のことを「入社1年目で億単位の金を動かす(物理)仕事」と言い換えて大学友人に話していました。

銀行員日記
わいの銀行員日記⑤ みんな大好き 銀行員の年収の話
Spread the love

Spread the loveみんな大好き年収の話。 やれ、東に年収1000万円がひとつの到達点とい …

銀行員日記
わいの銀行員日記③ ずさんな融資は何もアパロンだけでもなく…
Spread the love

Spread the love スルガ銀行ネタで大盛り上がりの金融業界。次のスルガはどこだ的な話もち …

銀行員日記
わいの銀行員日記② 悶々とする門の前の話
Spread the love

Spread the loveわいの銀行員日記 わいの銀行員日記ですが、別に時系列にこだわらずに印象 …