元旦の異常レートについて取り留めもない話

インターバンク
Spread the love

元旦、人類は思い出した。ヤツらに支配されていた恐怖を…鳥籠の中に囚われていた屈辱を… 

みたいな感じで元旦のUSDJPYレートで大盛り上がりだったトレーダークラスタ。年末、USDJPYは108.60くらいで終えたのですが新年明けましてお目玉 飛び出ました感で見ると111円台とか…。逆フラッシュクラッシュだー、去年の逆だ―、ぎゃほーいと騒がれました。そして2日になると何もなかったかのように元の水準。なんて見事なエアーズロック…。新年早々、おせち料理に飽きたらカレーじゃなくて大木屋に行きたくなるレベル。

そしてワイ、ドヤリング。

ちな、世界の株価 の表面で見えてるレートとクリックして飛ぶチャートサイトは別物。Googleの為替レート参照先はMorningstar です。Morningstarにもその先にはまた複数のレート提供者がおるんです。普段は無数のレート提供者がいるのでどこもほぼ同じレートが出るわけですが、ほとんどのレート提供者がお休みの元旦だら、よくわからない人(設定忘れか元旦が休みじゃないお国柄の会社か)が出すレートしか残らなくなって、それこそ100.00/120.00 とかね。「じゃあ間を取って110円にしましょうね~。買いのほうがちょっとだけ多いから按分で111円にしましょうね~」ていう具合で、配信レートはUSDJPY⁼111になるという話。いわゆる気配値であって111円台でたくさん取引が行われたという事はまず無いでしょう。

逆にこのレートを持ち出して「ストップで~す残念プギャー」と言ってくる業者とは手を切ったほうが良いです…。あ、あとこの気配値レートに反射神経で飛びついて2020年も株価絶好調と宣う何とかストも生暖かい目で目た方が良いと思います(ニッコリ

 

為替の話
ポンドのボラティリティが高い、というのはポンド…ホントなのか?
Spread the love

Spread the loveおはこんばんにちは。相変わらずボラティリティがあまり出ない相場ツキとな …

為替の話
証券誤発注について
Spread the love

Spread the love今や証券取引はアルゴリズムトレード、プログラムトレードによるものが大半 …

為替の話
適正なスワップポイントの調べ方
Spread the love

Spread the love  令和元年おめでとうございます。本元号もよろしくお願いいた …